「アメトーーク! ~ヤングマガジン芸人~」

「アメトーーク!ヤングマガジン芸人」が、2022年3月10日に放送されました。マンガ大好き芸人は過去に2回放送されましたが(記事はこちら:1回目2回目)、今回はヤンマガに特化した内容でした。今回も芸人さんたちからお勧めの本の紹介がありました。今度のマンガ選びの参考にしたいと思います。

目次

出演者

MC:蛍原 徹(雨上がり決死隊)

ヤングマガジン芸人:ケンドーコバヤシさん、サバンナ高橋さん、バカリズムさん、麒麟川島さん、磁石永沢さん、ムーディ勝山さん。

イチオシ漫画

6人の芸人さんにイチオシ本です。個人的には麒麟の川島さんが紹介されてた『税金で買った本』を読んでみたいと思いました。連載が始まったばかりということでした。

①ケンドーコバヤシさん

『ザ・ファブル』

殺しのテクニックがすごいわりに「一般教養がイマイチ」というところも面白い。「さんまを頭から食べたり、絵心がなかったり」

②サバンナ高橋さん

『1日外出録ハンチョウ』

衝撃の展開の回があり、タイトルを思い出せない曲の「鼻歌をひたすらずーーーと歌う。9回歌う」 。マンガの中にQRコードを掲載し、YouTubeやツイッターを通じて情報を募るというメディアミックス(?)に。

③磁石永沢さん

『パリピ孔明』

「ハロウィンでにぎわう渋谷に諸葛孔明が転生」するという新しい転生もの。「作者の方が三国志と音楽に造詣が深い方で、読んでて勉強になる」。

④バカリズムさん

『監獄学園』(プリズンスクール)

元女子高で男子は主人公たち5人だけ。裏生徒会の人(女性)に鬼のようにしごかれるが、裏生徒会の格好がいつもエロくて、「男子生徒的には全然嫌そうじゃない」。「顔面騎乗」シーンが印象的。

⑤ムーディ勝山さん

『砂の栄冠』ムーディ勝山イチオシ。1千万を使って甲子園を目指す。「普通、練習器具を買ったりとかにいきそうなところ、宝塚を見に行くんですよ。甲子園を興行的に考えていて、どれだけお客さんを味方につけるかということを考える」。

⑥麒麟川島さん

『税金で買った本』

図書館の裏側などが「本当に勉強になる。逆に言うと、なんでこれがヤンマガに載ってる?」。

その他紹介された漫画

『ケンシロウによろしく』バカリズム「『マンガ大好き芸人』の回に紹介した」。

『新宿スワン』蛍原「2巻ぐらい読んだ」。磁石永沢「何で(そこで)やめたんすか??」。

『喧嘩稼業』サバンナ高橋推薦。格闘技最強を決めるトーナメントの観客席で、ケンコバやバカリズム、サバンナ高橋のそっくりさんが。M迫さんの姿も!?

『1・2の三四郎2』ケンドーコバヤシ推薦。弱小プロレス団体の主人公からという設定で、実在のレスラーに挑戦状を送り、グレートサスケ、天龍源一郎などから断りの返信を受け取ったが、アントニオ猪木からは「いつ何時誰の挑戦でも受ける」という返事が来てしまったそう。

『行け!稲中卓球部』 バカリズム推薦。1回しか出てこないようなキャラの顔が「絶妙な嫌な顔」 。

『グリーンヒル』 麒麟川島推薦。「バイク乗りの連中がどうすごしているか」というマンガ。「音楽で言うとサビがない、けどっずっといい曲という感じ」。

『工業哀歌バレーボーイズ』ケンドーコバヤシ推薦。エロいシーンが多いが作者の村田先生が全部書いてしまう。「編集長の最重要仕事はモザイク処理だった」という噂も。

『イマジマン』 2000年に出た「ヤングマガジンKANSAI」という増刊で、実は「雨上がり決死隊」原作の読み切りが掲載されていた。